マウスピース型矯正の治療方法

マウスピース型矯正(インビザライン)専門クリニック 渋谷矯正歯科グループマウスピース型矯正システム > マウスピース型矯正の治療方法

アメリカにおいて、歯の矯正は、芸能人はもちろんのこと、一般の人でももはや「常識」となっていると言ってもいいでしょう。その矯正大国アメリカで1998年に開発されたのがマウスピース型矯正(インビザライン)と呼ばれる治療です。
日本には、2006年ごろ輸入され始め、徐々に知られてくるようになりました。
こちらのページでは、マウスピース型矯正の矯正治療内容について詳しくご説明します。

マウスピース型矯正(インビザライン)の治療について

アメリカで生まれたマウスピース型矯正(インビザライン)ですが、そのメリットは、矯正装置であるマウスピースが目立たないこと。マウスピースは着脱が簡単なので、食事や歯磨きのときに外せること。従来のワイヤー矯正のように、金具が刺さらないこと。さらに、歯が矯正前の位置に戻らないことなどです。
マウスピース型矯正の授業をしている歯科大学はまだありません。マウスピース型矯正を希望する場合には、海外の症例を積極的に学び、治療の経験を多く積んでいる矯正歯科医院で治療することをお勧めします。

治療方法詳細

症状別治療方法

目的で考える矯正

外科矯正+マウスピース型矯正治療
(サージェリーファースト)

顎変形症が原因の歯並びの乱れや顔立ちは、外科手術を用いて矯正する場合があります。
渋谷矯正歯科グループマウスピース型矯正システムは「サージェリーファースト」、つまり手術を先に行った後に矯正治療を行っていきます。

マウスピース型矯正 部分矯正

マウスピース型矯正は透明なマウスピースだけで矯正治療を行うため、目立つ前歯の部分矯正に最適です。3Dデジタル技術を活用した治療計画で、従来のワイヤー矯正と変わらない結果を実現します。

ページの先頭へ