開咬の治療 : 痛みの少ない矯正

インビザライン専門クリニック MIENAI矯正システム > インビザラインの治療方法 > 開咬 > 痛みの少ない矯正

開咬の矯正で感じる痛み

矯正治療中に感じる歯の痛みとは、何の痛みでしょうか。 これは歯が痛いのではなく、歯周組織の痛みです。 マウスピースによって歯に矯正力がかかると、歯周組織が反応し歯の動きとともに変化していきますが、 それと同時に炎症反応を起こします。
開咬は不正咬合の中でも、治療の難しい症状です。だからと言って治療時の痛みが強くなるということではありませんが、 開咬の症状を放置しておくと、奥歯をかみしめる力が強いために奥歯の痛みや顎の痛みを引き起こすことがあります。 少しでもきになる時には早めに受診しましょう。

ページの先頭へ