開咬のデメリット

インビザライン専門クリニック 渋谷矯正歯科マウスピース矯正システム > インビザラインの治療方法 > 開咬 > 開咬のデメリット

開咬のデメリット

開咬では上あごの前歯と下あごの前歯の間に隙間が空き、かみ合いません。自然と口が開いたままになり、そのことが様々な弊害を呼び起こします。

咀嚼がうまくできない

開咬の場合、奥歯しかかみ合わないので、前歯でものを噛んだり、噛み切ることができません。 そのため、咀嚼の効率が悪くなり、知らず知らずのうちに胃腸へストレスをかけてしまいます。

口呼吸になりやすい

口が開きがちなため、口呼吸になりやすく、口内の乾燥につながります。 口内が乾燥すると、風邪を引きやすかったり、口臭・歯周病で悩まされたりします。 さらには、歯と歯の間から空気が漏れてしまうので、発音しにくい音ができ滑舌が悪くなることもあります。

ページの先頭へ