受け口(反対咬合)の治療 : 痛みの少ない矯正

インビザライン専門クリニック MIENAI矯正システム > インビザラインの治療方法 > 受け口(反対咬合) > 痛みの少ない矯正

受け口(反対咬合)の矯正で感じる痛み

インビザラインのマウスピースを交換後、鈍い痛みを感じている間には、歯をかみ合わせると強い痛みを感じることがあります。特に、受け口(反対咬合)では矯正前はかみ合わせがずれていますが、治療が進むにつれて上顎の前歯が前に出ていた下顎の前歯を乗り越え、その後にかみ合わせが合うようになります。この際に上の歯と下の歯が当たりますが、マウスピースがガードとなり上の歯と下の歯の間に適度な隙間を作るため、マウスピースをしている間にはそれほど痛みを感じません。 ただし、食事中にはマウスピースを外すので、痛みが強い場合にはなるべく柔らかいものを食べるようにしてください。 この痛みも慣れるに従って感じなくなります。

ページの先頭へ