過蓋咬合のデメリット

インビザライン専門クリニック MIENAI矯正システム > インビザラインの治療方法 > 過蓋咬合 > 過蓋咬合のデメリット

過蓋咬合のデメリット

過蓋咬合はディープバイトとも呼ばれ上下のあごのかみ合わせが通常よりも深い症状です。 歯列やあごへ影響を与えやすいものの、比較的治療が難しい症状です。

見た目で悩む

過蓋咬合の方の場合、口を閉じている際にはそれほど気になりませんが、口を大きく開いた時や笑顔になった時に歯茎が大きく露出する「ガミースマイル」になります。逆に、笑顔になった際の歯茎が目につきやすい、と気になっている方は過蓋咬合の可能性があります。

歯で口内を傷つけやすい

上あごと下あごが深くかみ合っているため、下の歯で上の歯茎を傷つけてしまい、その傷の痛みや口内炎の痛みで悩まされる人もいます。さらに、上の歯茎は下の歯の刺激によって下がりやすく、歯周病のリスクが高まる恐れもあります。

顎関節症になりやすい

過蓋咬合では、上あごで下のあごを後方に押し込める形になるため下あごが自由にくくなります。 そのため、あごに負担がかかり、痛みがでたり、口を開きにくくなるなど、顎関節症の症状につながります。

invisaling矯正 ご相談・お問い合わせフォーム

ページの先頭へ