八重歯の治療:抜歯しない矯正

インビザライン専門クリニック MIENAI矯正システム > インビザラインの治療方法 > 八重歯 > 抜歯しない矯正

八重歯の治療 : 抜歯しない矯正

八重歯を抜く?

みなさんが八重歯の抜歯矯正治療と聞くと、八重歯になりやすい犬歯を抜くのだとよく勘違いされます。しかし、犬歯は歯根が太い上、噛み合わせにも重要な歯ですので一般的には抜歯を避けます。その代わり、前から4番目または5番目の歯を抜歯し、そのスペースを利用して歯を整列させていきます。
ただし、必ずしも抜歯が必要というわけではありません。 軽度の八重歯の場合は「ディスキング」によって歯のエナメル質をわずかに削り、歯を動かすための「すき間」を作ることで抜歯を避けることができます。また、親知らずは抜かずに残しておくと、むしろトラブルの原因となる場合があるため、親知らずが生えている場合にはその抜歯を行うことで歯が整列する場所を作り出します。

健康な歯を残すために

抜歯を行うと、抜歯を行わない場合より治療が比較的早く終わります。逆に言うと、抜歯を行わない場合は大抵の場合、歯列全体を動かしていくため時間がかかります。ただし、歯にはそれぞれ役割があるので、噛み合わせのことを考えると抜歯には慎重になってもいいでしょう。

ページの先頭へ