矯正期間を短くする治療

マウスピース型矯正(インビザライン)専門クリニック 渋谷矯正歯科グループマウスピース型矯正システム > 矯正期間を短くする治療

歯の矯正は性質上どうしても長い治療期間が必要になり、 歯列全体を動かしていく場合には通常 1 年半から 2 年ほどかかります。渋谷矯正歯科グループのマウスピースによる矯正治療はできるだけ期間を短くするための工夫やオプション治療を行っています。

矯正治療の期間を短くするために

1
3DCTによる丁寧な検査・診断
渋谷矯正歯科グループでは、矯正治療前の検査と診断を重視しています。特にマウスピース型矯正ではマウスピースを作成するための治療計画が必要となりますが、この土台となるのが、検査や診断です。リスクを回避した上で、より効率的に歯を動かすためには、歯の根の状態や顎の骨の形体など「見えない」部分の把握が重要となります。
1
2
正確なマウスピース型矯正を実現するデジタルスキャナー
マウスピース型矯正(インビザライン)治療の成功は、どれだけ正確にお口の中を把握することができるのかがポイントになります。
渋谷矯正歯科グループマウスピース型矯正システムはこの「歯型」を取らずに直接お口の中をスキャン(iTeroまたはiTeroElement)をしています。
この過程によって全てがデジタルで作られる「歪みの無いマウスピース」が完成します。高精度なマウスピースは治療効果を高め、矯正期間の短縮につながります。
3
骨穿孔術(プロペル) or フォトバイオモジュレーション装置
歯を支える骨(歯槽骨)に小さな穴をあけ、生体のメカニズムを利用して歯の動きを早める骨穿孔術(プロペル)や、歯に弱い振動を与えて動きを促すフォトバイオモジュレーション装置(オルソパルス)を用いることで、10日前後でのマウスピースの交換*が可能になります。

*患者さまの症状により日数は若干異なります。

光学3Dスキャニングシステム(iTero)

マウスピース型矯正は光学3Dスキャナーによるスキャニング費用を治療費に含みます

渋谷矯正歯科グループのマウスピース型矯正(インビザライン)治療には、光学3Dスキャニングシステム(iTero)によるお口のスキャニング費用が含まれています。スキャニングしたデータはコンピューター上で管理され、模型が必要な場合、歯型は 3D プリンタで制作されます。

デジタル処理されたデータは、総院長の治療プランと共にアメリカのラボへ瞬時に送信されます。これにより治療精度・治療期間・治療開始時間の全てを短縮します。

コンビネーション治療

歯の移動を早めるよう体に働きかける治療を取り入れています

「渋谷矯正歯科グループマウスピース型矯正システム」のマウスピース型矯正(インビザライン)は、歯の動くメカニズムを促進することで歯の移動を速め、矯正治療期間を短くするコンビネーション治療を行っています。

「ピエゾサージェリー」はインプラント治療や親知らずの抜歯など幅広く使われているからだに優しい治療法です。歯ぐき(軟組織)に損傷を与えずに骨だけを安全に切ることができます。歯を支える骨に極細の切れ目をつくることで歯の移動を促します。

フォトバイオモジュレーション装置(オルソパルス)は新しい理論に基づく矯正補助装置で、微細振動が歯を支える歯周組織に刺激を与えます。1日20分装置を使って頂くことで、歯の根の周りにある細胞を活性化させる治療法です。これにより歯を動かしたい側の骨を柔らかくして移動を促します。

*「ピエゾサージェリー」かフォトバイオモジュレーション装置(オルソパルス)のどちらを治療に用いるかは、患者さまの症状により総院長が判断のうえ、治療プランをご説明致します。

矯正治療は患者さまの症状により期間が異なりますのでご注意ください。

矯正治療は患者さまの症状により
期間が異なりますのでご注意ください。

ページの先頭へ