インビザラインの治療方法

インビザライン専門クリニック MIENAI矯正システム > インビザラインの治療方法 > 開咬 > 開咬の治療:大人になってからの矯正療

大人になってからの矯正

開咬の原因には遺伝的な要因をはじめとして、幼児期のおしゃぶりや舌を出す癖などがあげられます。また、成長期に鼻やのどの病気によって口呼吸を続けていると オープンバイトになりやすいと言われています。
開咬の方は上の前歯と舌の前歯の間が空くだけでなく、前歯の歯間に隙間があることも多く、そこに歯石がたまりやすくなります。そのため、開咬を放置しておくと、 口臭や歯周病などを引き起こしかねません。開咬の治療では、上下の隙間を直していくと同時に前歯の歯と歯の間の隙間も無くしていくことができます。
開咬の症状は幼児期に出やすく、に治療することが重要ですが、大人になってからでも治療が可能です。

ページの先頭へ