インビザラインの治療方法

インビザライン専門クリニック MIENAI矯正システム > インビザラインの治療方法 > 出っ歯(上顎前突) > 出っ歯(上顎前突)の治療:大人になってからの矯正

大人の治療方法

出っ歯(上顎前突)の場合、永久歯が生え始めてからあごの骨の成長が止まり始める中学生くらいまでの間に矯正治療を行うことが理想です。 けれども、基本的に矯正はいくつになってからも可能ですので、もちろん大人になってからでも出っ歯(上顎前突)の治療はできます。
ただ、大人の矯正では歯周病に気をつけなければなりません。歯周病にかかっていることに気がつかずに矯正治療を行う場合、歯周病が悪化し歯列を改善する努力が報われなくなります。大人が矯正治療を始める場合にはその点にも気をつけましょう。

症状別の矯正方法

あごの骨格性の不正が大きい

骨格の成長途中の子供であれば、あごの成長を良い方向へ誘導することであごの骨格の矯正も可能ですが、 あごの骨の成長が止まってしまった大人の場合、抜歯による矯正を行う可能性が高くなります。 また、骨格の問題が大きい場合には外科手術によって骨格を矯正していく方法(外科矯正)もあります。

突出が比較的小さい(出っ歯が小さい)

歯を抜かず、インビザラインによる治療が可能です。程度にもよりますが、期間も比較的短くなる場合が多いです。

突出が比較的大きい(出っ歯が大きい)

抜歯を行うか行わないかは、突出部の歯を後退させた時にすべての歯が収まるスペースがあるかどうかに関わってきます。 スペースが無い場合は抜歯を行うこともありますが、その場合にも親知らずの抜歯を行うことで健康な永久歯を抜歯せずに矯正できます。

抜歯なしの矯正

ページの先頭へ