医師紹介

マウスピース型矯正(インビザライン)専門 渋谷矯正歯科グループマウスピース型矯正システム > 医師紹介

「渋谷矯正歯科グループ マウススピース矯正システム」は渋谷本院を始め、横浜、池袋、新宿、博多、東京八重洲にてマウスピース型矯正(インビザライン)に取り組んでおります。
表側矯正・裏側矯正・マウスピース型矯正と歯列矯正を知り尽くしたドクターによるマウスピース型矯正は噛み合わせを重視し、治療計画をシミュレーションした上で治療を開始します。マウスピース型矯正でもしっかりと歯並びの改善ができることをぜひ実感頂きたいと思います。

渋谷矯正歯科グループマウスピース型矯正システムからのメッセージ

どこから見てもきれいな歯並びは誰から見ても憧れですが、ただ歯並びをきれいにして歯茎が脹れていたり、虫歯になっていたりしては患者さまを笑顔にできません。「渋谷矯正歯科グループマウスピース型矯正システム」では、歯ブラシの重要性や歯周病予防についても患者さまにお話ししています。 実は虫歯にならない人でも歯周病になるということを、知って頂きたいとおもいます。マウスピースの見えない矯正を通して患者さまのデンタル IQ を高める診療を心がけています。

「渋谷矯正歯科グループマウスピース型矯正システム」は、見た目だけでなくかみ合わせもしっかり矯正します。かみ合わせが均等になることで、歯ブラシが当たりやすくなり、虫歯や歯周病の予防につながります。 また、歯並びや歯茎の状態がよいと口の周りの筋肉をバランスよく使えるため、笑顔が最高にきれいになるのをご存じですか? 医師・スタッフ一同、そんな笑顔をみなさんに手に入れてもらいたいと思っております。きれいな歯並びになると自然と笑顔も増えて、自分も周りの人にもハッピーが増えます。渋谷矯正歯科グループマウスピース型矯正システムで素敵な笑顔を手に入れませんか。

日本矯正歯科学会 専門医として

 東海林は2014年秋に日本矯正学会の「専門医」という資格を取得することができました。日本矯正歯科学会は1926年に設立された、日本を代表する学会です。会員数約7,000名の日本矯正歯科学会内認定資格である日本矯正歯科学会 専門医は349名(2019年4月現在)となります。

 矯正歯科にも沢山の認定資格はありますが、日本矯正歯科学会 専門医は、最も短くて12年の臨床と矯正治療の研究を実践することが求められます。このように資格取得に必要な基準が厳しく設定されているのも日本矯正歯科学会 専門医のひとつの特徴です。

医師・スタッフ

総院長
東海林 貴大(しょうじ たかひろ)

矯正に関しては日々新しい技術が開発されていますが、まだ依然として患者さんの煩わしさは無くなりません。その点でいうとマウスピースによる矯正治療はできるだけ患者さんのことを考えた治療と言えます。治療とはいえ、治療期間に患者さんが感じる辛さや煩わしさはできるだけ無くすことが医師としての責任だと思います。
マウスピースによる見えない矯正は、経験と知識のあるドクターが行えば、適用範囲も広く患者さまに新しい選択肢となる矯正治療です。「渋谷矯正歯科グループマウスピース型矯正システム」での治療を通して多くの患者さま、また志を持つドクターと手を携えて、マウスピースによる正しい矯正を日本に根付かせたいと思います。
マウスピース型矯正(インビザライン)をお考えの方は、お気軽に 渋谷矯正歯科グループマウスピース型矯正システムの無料カウンセリングにお越しください。

プロフィール・略歴

神奈川県川崎市出身。 北海道医療大学歯学部を卒業後、同大学歯学部歯科矯正科に入局。その後、札幌医科大学口腔外科を経て、2007年3月 青山通り矯正歯科を開業。2013年10月 渋谷に移転し、渋谷矯正歯科へと改名。2015年春 渋谷にマウスピース型矯正(インビザライン)専門クリニックを開院。横浜や新宿・池袋・博多・東京八重洲にもクリニックを開院し、マウスピース型矯正に取り組む。

歯科医師。日本矯正歯科学会認定 専門医、日本成人矯正歯科学会 専門医、世界舌側矯正歯科学会WSLO認定医、ヨーロッパ舌側矯正歯科学会ESLO認定医、国内外の学会で学会発表、症例発表をこなす。

資格・所属学会

矯正治療に関する資格
・日本矯正歯科学会 専門医
・日本成人矯正歯科学会 専門医
裏側矯正に関する資格
・日本舌側矯正歯科学会(JLOA) 理事/認定医
・世界舌側矯正歯科学会(WSLO)認定医
・ヨーロッパ舌側矯正歯科学会(ESLO)専門医(Titular Member)
所属学会
・WFO (世界矯正歯科学会)会員
・日本口蓋裂学会 会員
・日本顎変形症学会

 

ページの先頭へ