マウスピース型矯正(インビザライン)Q&A

マウスピース型矯正(インビザライン)専門クリニック 渋谷矯正歯科グループマウスピース型矯正システム > マウスピース型矯正Q&A > マウスピース型矯正について > マウスピース型矯正(インビザライン)アタッチメントとはなんですか?

マウスピース型矯正(インビザライン)専門クリニック 「渋谷矯正歯科グループ マウスピース型矯正システム」のドクターがマウスピース型矯正(インビザライン)の疑問にお答えいたします。マウスピース型矯正についての疑問やご質問は、無料カウンセリングでも受け付けております。

マウスピース型矯正(インビザライン)について

IPRとはなんですか?

Interproximal Enamel Reduction の略で、歯が動きやすいように歯と歯の間に隙間を作る方法です。またディスキング・ストリッピング・スライシングという呼び名をするクリニックもあります。

この隙間の量は個人差がありますがエナメル質を少しずつ(0.5mm程度)磨いていくもので、歯が並ぶスペースが無い患者さまの場合は矯正で歯を動かすために僅かな隙間をつくる必要があるためです。エナメル質を歯科衛生士が丁寧に研磨し元通りにするので、そこから虫歯になったり痛くなったという方は渋谷矯正歯科グループマウスピース型矯正システムではおりせん。

ページの先頭へ

・マウスピース型矯正は完成薬機法対象外の矯正装置であり、医薬品副作用被害救済制度の対象外となる場合があります。