サージェリーファースト

インビザライン専門クリニック MIENAI矯正システム > サージェリーファースト

顎変形症が原因の歯並びの乱れや顔立ちは、外科手術を用いて矯正する場合があります。MIENAI矯正システムでは提携医療期間との連携で「サージェリーファースト」 の治療が可能です。
さらに、術後はインビザラインによる矯正治療を実施。外科手術で骨格から改善し、見えないマウスピースを用いて矯正することで、短期間でストレスの少ない治療が実現しました。

顎変形症とは

歯の矯正治療では、通常数ミリ単位で歯を動かし、歯並びを整えていきます。
患者さまの中には、通常の矯正治療だけでは正常な歯並び・咬み合わせへ持っていくことのできない症状の方がいらっしゃいます。 上下の顎の大きさが異なる、顎の左右がアンバランスであるなど、通常の矯正だけでは咬み合わせを改善することのできない症状のことを顎変形症と呼びます。
この顎変形症の解決はブラケットなどを使用する矯正治療だけでなく、外科手術を行う外科矯正を組み合わせることで可能になってきました。

サージェリーファーストのメリット

外科矯正を取り入れた矯正治療には、外科手術の前後の期間で歯列矯正を行う方法もありますが、MIENAI矯正システムが採用しているのは外科手術を先に行う治療、つまり「サージェリーファースト」です。矯正治療の前に外科手術を行うことで、矯正治療の期間を大幅に短くすることができ、患者さまの負担やストレスが劇的に減ります。

1 通常の矯正治療では改善できない症状を根本から改善できる

手術によって顎の骨を移動させることで、噛み合わせ・歯列の乱れの根本原因を解決し、矯正治療だけでは難しい症例の矯正を可能にします。

2 比較的短い治療期間で美しい歯並びが手にいれられる

歯の土台である顎の骨格を先に動かすため、難易度の高い症状の場合、外科手術を伴わない矯正に比べて矯正の期間が大幅に短縮されます。

3 治療期間の早い段階で見た目の問題が解決される

顎変形症の場合、噛み合わせだけでなく、見た目を気にされている患者さまも多くいらっしゃいます。サージェリーファーストでは、まず外科手術を行い骨格の矯正を行っていくので、顎の突出感や左右のアンバランスなどコンプレックスを感じている部分が早期に改善されます。

サージェリーファーストを支える体制

 外科手術を組み合わせた矯正治療は難易度が高く特殊な体制が必要なため、矯正専門クリニックであっても治療を受けることができない場合もあります。
 MIENAI矯正システムでは、信頼のおける提携医療機関との連携を整備しており、外科手術を伴う矯正治療にも対応しております。また、治療計画は一貫して矯正専門医が行うため、安心して治療を受けていただけます。
ただし、サージェリーファーストは画期的な治療法ではあるものの、難易度の高い治療です。 外科矯正を考える際には、信頼できるクリニックに足を運び、治療計画に納得した上で治療を受けるようにしましょう。
お悩みの場合はぜひ当院にご相談ください。

外科矯正×インビザライン

外科手術を行う場合、矯正を行う際にはブラケットとワイヤーによる矯正治療が一般的でした。MIENAI矯正システムでは、インビザラインによる矯正治療を行うため、矯正治療中のストレスも最小限に抑えられます。
外科手術をおこない骨格を動かすことによって、早期に見た目が改善されていきますので、目立たないインビザラインを用いることによって治療中から変化を実感することができます。

サージェリーファーストQ&A

顎の手術で傷は残らないのですか?

 外科手術ですので多少の傷跡は残ります。けれども、全て口の中からメスを当てるため傷跡は全て口の中で、お顔や顎など皮膚の表面に傷は一切残りません。さらに、口腔内の傷も普通に口を開けただけでは見えない場所になるので、患者さまの精神的不安は限りなく低くなります。

手術はどのように行うのですか。

代表的な例として、上顎骨切り術と、下顎枝矢状分割術などがあります。上下顎の大きさのバランスや症状によって外科矯正の方法は異なりますが、どの方法も顎の骨を切ることによって理想的な骨格へと矯正していきます。

主に上の顎骨に変形がある場合に使用する手術方法です。上顎を図のように切り、歯の生えている部分を前方に移動させた後、固定を行います。

主に下の顎骨に変形がある場合に使用する手術方法です。下顎を小さくする場合・大きくする場合のどちらにも対応できます。 具体的には、下顎の骨の側面を内側と外側に分割し、骨を後方または前方に動かし固定することで顎の大きさを変化させていきます。

マウスピースの矯正治療は手術後どのくらいから始めますか。

矯正の治療を開始するためには、手術後にある程度お口があけられるようになる必要があります。 一般的には通常の食事が可能になる5日目くらいから歯列矯正が可能になりますが、痛みの続く期間は個人差もあるので、 執刀医と矯正専門医が、歯列矯正のスタート時を慎重に見極めていきます。

ページの先頭へ