インビザラインの治療方法

インビザライン専門クリニック MIENAI矯正システム > インビザラインの治療方法 > 開咬

開咬とは

前歯がかみ合わず、上の前歯と下の前歯の間に隙間が空いてしまうために、ものを噛もうと思ってもかめない症状のことを開咬と呼びます。オープンバイトとも呼ばれることもあり、不正咬合の中でも他の問題を引き起こしやすい症状です。開咬(オープンバイト)では、かみ合っているのは奥歯だけですので 奥歯に対して過度の負担がかかります。そのため、奥歯の詰め物が取れやすくなったり、年齢を重ねるとともに歯が抜けやすくなったり…と見過ごせない問題が引き起こさせれます。また、歯が抜けてしまった後も上下のあごに十分な空間がないため、入れ歯をいれることさえ困難になります。

インビザラインによる開咬の治療

開咬では上の前歯と下の前歯の間に隙間が空くと説明しました。開咬の具合が大きい場合には、上下の前歯が外側に倒れるように生えます。 開咬の治療では、かみ合わせの問題を解決していくと共に、この前に倒れた歯を正常な位置に戻していく工程が必須となります。 外側に倒れこんでいる歯を正常な位置に戻していく治療は難しく、従来ではマウスピースによる治療はできないとされていましたが、 近年ではインビザラインによって十分治療が可能です。

抜歯なしの矯正方法
大人の治療方法

ページの先頭へ