インビザラインの治療方法

インビザライン専門クリニック MIENAI矯正システム > インビザラインの治療方法 > 叢生

叢生(そうせい)とは

歯がガタガタになり、ところどころでは重なって並んでいる人がいますが、このような状態を叢生(そうせい)といいます。
犬歯(糸切り歯)が飛び出た状態を八重歯といいますが、八重歯も叢生の一種です。歯列の乱れが大きい場合には杭が乱れて並んでいるように見えることから、 叢生は乱杭歯と俗に呼ばれることもあります。
上あごや下あごが小さかったり、一本一本の歯が大きかったりすると、歯の生えるスペースを十分に確保できません。その狭いスペースに歯が生えることで、歯列がガタガタになったり重なったりします。

叢生(そうせい)の治療方法

治療のポイントは八重歯と同じです。歯列のアーチが狭いときには歯列を広げることで、または歯全体を後方へ下げることでスペースを作ります。 これらの治療はインビザラインによって行うことができます。

抜歯なしの矯正方法
大人になってからの矯正

ページの先頭へ